現代の良い指導者とは?

小中学生からの無理な練習により、多くの子供達が怪我をしながら練習をしています。

もちろん、アクシデントの要素が強く予防できない怪我があるのも事実です。

しかし、「試合に出られないから」「メンバーから外されてしまうから」強い痛みを我慢しながらのプレーは、どう考えても成長段階の子供達には推奨できません。

これは、僕たちが20年前に体感したものと何も変わっていない状況です。

世界はこんなに変化しているのに、怪我をしたまま無理をして、精神的にもダメージを負い、上手くなりたい気持ちが薄れ、高校や大学でそれまで頑張ってきた種目(スポーツ)を辞めてしまう子は、日本にどれだけいるでしょうか。

プロになれと言っているわけではなく、スポーツ自体が嫌いになったり、苦手意識をもつことで、辞めてしまうのです。

無理をさせるというのは、身体的・精神的の2つに分類できると考えます。

「今勝つこと」にこだわりすぎる指導者

ミスに対するコーチや両親からのプレッシャーへの恐怖心

個人差がとても大きい成長段階で、「今」にフォーカスしすぎないことが大切です。

短期・中期・長期的に育成するビジョンを本人、チーム、保護者で共通理解をすること

一人(監督・コーチ)で全て指導しない

ストレングスコーチやアスレティックトレーナーからの、今の状態の評価が必要になります。

プレーヤーはコーチ陣と会話で質問すること、発言することが出来ること。

コーチ陣はプレーヤーが行ったこと(自主練・練習・感じたこと)に対してのフィードバックをする。

現代・未来において指導者からの罵声や体罰はプレーヤー数を減少させるだけであり、育てるためには必要ないのです。

Grandeur8 代表 土嶺雄一

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる