スポーツ外傷とスポーツ障害③

目次

スポーツ外傷とは

「スポーツ外傷は1回の外力で起こる」ケガです。

例を挙げると

・足首のねんざ

・打撲

・靭帯損傷

などがあげられます。

発生場面は様々で、ジャンプの着地、人に当たられた、走っている最中などの大きな力発生する様々な場面で起こります。

スポーツ外傷は事前に予測することはできますが、完全に防ぐことは困難です。

しかし、完全に防ぐことは困難でも自身の体をコントロールすることによりリスクを減らすことができます。

「このような場面でけがをする」、「こういった姿勢は危険」などの事前に発生しやすいケガについて学ぶことは予防につながります。

アスレティックトレーナー 飯島仁

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる